車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ワラビ●縮小

昨日、霧島の知人を訪ねたら、
「ワラビ採りに行こう」とお誘いが・・・。

うわ、久しぶり。
ワラビ採りなんて10年ぶりくらい?

知人の”秘密の場所”に連れて行かれ、
草むらの中に目を凝らすと、あら~、あっちにもこっちにも。
アッというまにたくさん採れました。
知人はさすがに慣れているというか、
同じ時間で私の3倍くらいは採っていたようです。

ワラビには強いアクが(毒性も?)あるので、
アク抜きは絶対必要・・・というところまではわかっているけど、
やり方がいまいち・・・。
そこで、ネットで調べて、最初に出てきたやり方でアク抜きをすることに。

以下がその方法です。
「ワラビのアク抜き」

1 ワラビの茎を持って、ポキンと折れるところで折っておく。
2 よく洗う。
3 ワラビがしっかり浸かるほど大きな鍋に湯を沸かす。
4 大さじ1くらいの重層を入れて、ワラビを入れて1分煮る。
5 そのままで一晩置く。
6 翌朝は水がすごく濃い緑色に。
7 何度か水を替えて洗い、水が澄んできたら、そのまま半日くらい水に浸けておく。
8 水をよく切って、完了。


実際にやってみたところ、この方法はとてもうまく行きました。
アクはしっかり抜けて苦味はなく、でも、適度な歯ごたえは残っていて。

これから、このワラビで山菜料理を作ります。
レシピと感想はまた明日・・・・。
スポンサーサイト
2009.06.09 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。