車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
霧島は何かと縁が深く、たびたび訪れるので、いくつものお気に入りスポットがあります。
ここ「日の出温泉・きのこの里」も大好きな場所のひとつ。
天降川(あもりがわ)に面した温泉とおそば屋さんが一緒になったお店です。
きのこの里3
暖簾をくぐって玄関に入ると、まず目に入るのはガラス張りになったそば打ちスペース。
ご主人は毎朝ここでおそばを打っているそうです。
石臼挽きの粉で作られるおそばはとってもコシがあって、私好みの細麺。
おダシも枕崎産のかつお節や牛深産のアジジャコなど素材にこだわっているそうで、コクがあるのに後味がすっきりしていて、とてもおいしいのです。
きのこの里2
私のイチオシは、「冷たいきのこそば」。
おそばののど越しがとってもよく、ツルっとしたきのことの相性抜群です。
梅干しが付いてくるので、途中から入れると味が変わって、一粒で二度おいしい!(古い?)。
窓の下には天降川のエメラルドグリーンの流れが・・・。
DSCF1251_convert_20090905225145.jpg
ちなみに、友達が頼んだのは「温かいかもそば」。
味見をさせてもらったら、鴨の燻製がとっても美味でした。
きのこの里4
そして、最後は温泉!
浴室はやはり天降川に面していて、ガラス張りになっているので、それはもう開放的です。
泉質は炭酸水素塩泉だそうで、ちょっと鉄臭がする緑色の濁り湯です。
かなり熱めなので、お風呂上がりは汗がダラダラ・・・。
でも、冬はいつまでもポカポカしているのでいいですよ。
ちなみにこの温泉は200年の歴史があるとか。
ちょっとレトロな風情がたまりません。

まだまだ暑いけど、紅葉がきれいな頃にまた来たいな~。

★日の出温泉・きのこの里
霧島市牧園町宿窪田3697
電話:0995-77-2255
スポンサーサイト
2009.09.05 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。