車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゴーヤって夏野菜の王様って言われるほど、ビタミンたっぷりの野菜なのですが・・・。
なにせ、苦味が半端ではない。
大人になってからは「この苦味がたまらない~」っとなったのですが、
子どもの頃はどうしても食べられないもののひとつでした。

ところが!
今、子どもたちの間で大人気のゴーヤ料理があるというではありませんか!
給食のメニューの一つなのですが、これがまたみんなで奪い合うほどの人気なのだとか?!

「作って、作って~」とうるさいので、チャレンジしてみたところ・・・。
これが「うまい!!」
苦味もほとんど気になりません。
大きなゴーヤ1本分、家族でアッという間に消費してしまいました。

(作り方)
ゴーヤ(大)1本
塩、片栗粉・・・適量
揚げ油・・・適当
しょうゆ、砂糖、みりん・・・各大さじ1
すりごま・・・適量

①ゴーヤは縦半分に切り、種と綿をかき出す。
②厚さ3ミリくらいに切り、塩を入れて軽くもむでからしばらく置く。
③しんなりとしてきたら、水気をぎゅっと絞り、片栗粉をまぶす。
1ゴーヤ
④カラリと揚げる。
ゴーヤ2
⑤その間に別のフライパンでしょうゆ、砂糖、みりんを煮溶かす。
⑥油を切ったゴーヤを⑤に投入し、全体的にからめる。
⑦すりごまをふって出来上がり!(写真はごまをふるのを忘れてしまいました)
ゴーヤ3
ご飯にも、ビールのおつまみにも、お子様のオヤツにも。
アツアツのサックサクをお召し上がりください。

「給食の先生、ありがとう!」って感じのメニューでした。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2009.08.11 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。