車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、知人のお宅の庭で「段ボールで燻製」というのを体験させてもらいました。

どこにでもある材料で、こんなにおいしい燻製ができちゃうなんて!
せっかくなので、ここでご紹介しますね。

材料:プロセスチーズ、モッツアレラチーズ、かまぼこ、ソーセージ、ゆで卵など
器具:段ボール箱、金網、金串4本、アルミトレイ、スモークウッド、着火マンなど

★段ボール箱は縦長で、上が開くタイプのものが使いやすいです。
★金網、金串は100均でも売ってます。
★スモークウッドとはスモークチップを固めたようなもの。一度火をつけると、コンスタントに煙を出してくれるので、量を調整する必要がなく、とっても楽です。あまり熱が出ないので、今回のように生で食べられる素材に適しています。(ソーセージだけはあとでちゃんと火を通してくださいね)

①段ボール箱の下のふたをカッターで切り取り、上のふたは開けた状態にしておく。
②段ボール箱の上から1/3位のところに斜めに金串を刺し、金網を支える。
金網
③スモークウッドを半分に折り、片方に火を着けて、アルミトレイの上に置く。
④②を③の上からかぶせる。
⑤金網の上に材料を重ならないように並べる。
燻製素材
⑥あとはふたを閉じて何か重しを乗せ、しばらく放置。30分ごとに煙や色のつき方を確認する。
段ボール燻製
⑦素材の片面に色がついていたら、ひっくり返す。
⑧煙の出方にもよりますが、だいたい2時間くらいで完成。

こんなにおいしそうな燻製が出来上がりました!
段ボール燻製3
その場で出来立てを食べてもいいし、2,3日冷蔵庫で保存すると、燻製の風味が中まで染み込み、
いっそうおいしくなるような気がします。
燻製ゆで卵を刻んで卵サラダにすると、とってもおいしいですよ。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2009.08.08 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。