車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「バケツの水をひっくり返したような」というベタな表現がぴったりの大雨で目覚めた今朝。
よりによって世紀の天体ショーが拝めるという日なのに・・・。

とりあえず友達と約束をしていたので、日食イベントがあるというウォーターフロントの「ドルフィンポート」へ向かいました。
ドルフィン
いつもは真正面に見えるはずの桜島もかすんで見えず、空一面に広がる分厚い黒い雲。
でも、人は続々と集まっています。  人ごみ
ひとしきり降った雨がやむと、空がほんのりと明るくなりました。
もしや・・・と空を見上げると、うっすらと晴れ間が!
                                   後ろ姿
さっそく日食メガネをかけ、暗闇の中で焦点を合わせると・・・「キャー、見えた~!!」
上の方が欠け始めた小さなオレンジ色の太陽が!
周囲でも「見えたー」「やったー」という歓声があちこちで上がります。
日食縮小
すみません、めちゃめちゃ小さな写真で・・・。(レンズに日食メガネを重ねてようやく撮れました)

朝から雲に覆われ、真っ黒だった空がちょうど10時15分くらいから時々晴れ間を見せてくれたのは
不思議としかいいようがありません。
しかも、太陽の周囲だけ時々ぽっかりと雲がなくなるのですから・・・・。
「やっぱり、神様っているんだわ・・・」と思ったのもつかの間。

あと少しで日食も最高潮に・・・という時に、再びさっきより分厚い雲に覆われ、雨も降りだしたのです。
あたりはだんだん暗くなってきていたのですが、これが日食による暗さなのか、雲に覆われた暗さなのか、
いまいち区別がつきませんでした・・・・。
もっと夜に近いような暗さになるのかと思っていたので、ちょっぴり拍子抜け・・・。
直前
肝心なところで雲に隠れ、雨が降り出したせいか、大きな盛り上がりもないまま、
パラパラと帰り始める人たち・・・。

ちょっと残念な結末でしたが、
でも!このお天気の中で、日食が見られたというだけでも、ありがたいことなんですよね。














      

                              
スポンサーサイト
2009.07.22 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。