車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
毎日暑いですね。

梅雨がちゃんと明けたわけでもないのに、こんなに暑いと
これから先が思いやられます(>_<)

さて、こんなに暑いと少しさっぱりしたものが食べたいなーと
思い、今日は冷たいスープを作ってみました。

夏に人気の「ビシソワーズ」をアレンジした「ゴーヤのビシソワーズ」です。

ビシソワーズというのは、玉ねぎとジャガイモをコンソメで煮て、裏ごしした冷たいスープのこと。
これにゴーヤを加え、彩りとビタミンをプラスしました。

簡単にレシピをご紹介しますね。
ゴーヤのビシソワーズ縮小
(4人分)
●ゴーヤ   小1本
●玉ねぎ   小1個
●ジャガイモ 中1個
●バター   大さじ1
●水     400cc
●コンソメ   1個
●牛乳    400cc
●塩コショウ、生クリーム、青ネギなど

①ゴーヤは縦半分に切り、種と綿をくり抜く。薄く切って、サッとゆでて冷水にさらし、水気を切る。
②薄切りにした玉ねぎ、ジャガイモをバターで透き通るまでいため、①のゴーヤと水、コンソメを入れて
 具が柔らかくなるまで煮る。
③②をなめらかになるまでミキサーにかける。
④牛乳でのばして、塩コショウで味を調える。
⑤一煮立ちさせてから冷まし、冷蔵庫でキリッと冷やす。
⑥器についで、生クリーム、青ネギの小口切りを散らして、出来上がり!

*私のおすすめは、最後に温泉卵を乗せること。スープとからめて食べると、とってもまろやか。
 ほんのり後味に苦味を感じますが、温泉卵とコラボさせると、子どもでも大丈夫のようです。

ゴーヤはビタミンCやビタミンAがたっぷり。夏バテ防止におすすめの食材です。
意外と簡単にできますので、ぜひお試しくださいね。




スポンサーサイト
2009.07.09 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。