車窓を流れる風景のように消え去っていく日々。ささやかな暮らしの記憶をつなぎとめたくて、今日も言葉を綴ろう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日は仕事で「干しシイタケ」と「豚軟骨」を使った料理レシピを数点作り、我が家で撮影することに。
試作のため、数日前から我が家には干しシイタケの匂いが充満してました。



しいたけゆずこしょう
ものすごくシンプルだけど、美味しかったのがこれ。
●干しシイタケの含め煮・柚子ごしょう炒め
①戻した干しシイタケにしょうゆ、酒、少々の砂糖、ひたひたの戻し汁を加えて含め煮にする。
②水分がなくなる少し前に火を止め、煮汁を含ませる。
③サラダ油かオリーブオイルで②を炒め、②の残った煮汁を入れて水分を飛ばし、火を止めてから柚子ごしょうを加えて混ぜる。カボスか柚子を添える。


しいたけ肉詰め
●シイタケの肉詰め天ぷら
①戻した干しシイタケを薄口しょうゆ少々を加えた戻し汁で煮る。
②ハンバーグのタネを作り、①の裏側に詰める。
③②を天ぷらの衣にくぐらせ、油で揚げる。
④抹茶塩とゆかり塩を作って、添える。


しいたけピザ
●ダブルシイタケのライスピザ
①干しシイタケを多めに戻す。
②①の半量の干しシイタケを細かく刻み、戻し汁と薄口しょうゆを入れてご飯を炊く。
③残りの干しシイタケと鶏肉(または豚肉)を2センチ角に切ったものを炒め、しょうゆとみりんで味付けしておく。
④茹でたアスパラとパプリカを適当な大きさに切って、サラダ油で軽く炒めておく。
⑤オーブン皿にクッキングシートを敷き、その上に②のご飯を小どんぶり1杯分くらいを乗せ、ラップなどで押さえて丸く、薄く形を作る。
⑥⑤の上に薄切りにした玉ねぎ、③のシイタケと肉、④のアスパラとパプリカを散らし、マヨネーズを細く絞りかける。
⑦⑥にピザ用チーズをたっぷりかけ、200度のオーブンでチーズがとろけるまで焼く。


しいたけスープ
●干しシイタケのビシソワーズ
①戻した干しシイタケを刻み、薄切りにした玉ねぎ&ジャガイモと一緒にバターで炒める。
②ひたひたの戻し汁とコンソメを加えて、柔らかくなるまで煮る。
③②をなめらかになるまでミキサーにかける。
④③に牛乳を加えながら、伸ばしていく。塩コショウ少々で味を調え、器についでから生クリームを少しかける。
*温めてもいいし、冷たくしてもおいしい。

料理撮影後、みんなで試食をしたのですが、
撮影隊の中にひとり、「どうしても、シイタケだけは食べられないんです・・・」という子が。
他に好き嫌いはなく、普段は何でもおいしそうに食べ、他の人が食べられないもの、食べきれないものも食べてくれるのですが、そんな彼女が唯一食べられないのがシイタケなのだそうで・・・。

なんとか、彼女のシイタケ嫌いを克服できないものかと頑張ってみたけれど、あえなく撃沈・・・。
「すみません、やっぱりムリです・・・(泣)」と言われてしまいました。

スポンサーサイト
2012.12.03 / Top↑
友達ふたりを招いて自宅ランチ。

001_convert_20121101101046.jpg


今日のメニューは・・・

チキン南蛮。茶碗蒸し。冬瓜と豚肉とそうめんのお吸い物。春菊と人参の白和え。豆腐のネギソースサラダ。
デザートは胡桃と黒糖のパウンドケーキと有機紅茶。(写真撮り忘れて悲しい・・・)



チキン南蛮

Sちゃん作の白いプレートは万能選手。



茶碗蒸し

エビやお肉が沈んで、見た目、地味になっちゃった。
でも、これからの季節、おだしがじわ~っとしみ出てくる茶碗蒸しはおいしい~。

Sちゃんいわく・・・「茶碗蒸し嫌いな人なんていないでしょう!」。

でも、好き嫌いの多いアナタに気に入ってもらえるか、実はドキドキしてたのよ!



2012.11.01 / Top↑
毎週金曜日、我が家に届けられる新鮮な有機野菜たち。

鹿児島県内の有機農家の皆さんが作る旬の野菜を
自宅まで配達してくれるという有難いシステムで、NPO法人「食の家族」さんがやっている。

野菜の内容は基本、おまかせ。
その時々に採れたものがいろいろと袋に詰められて届く。

夏にはキュウリが何週にもわたって届くし、秋には毎週のようにお芋が入っている。

でも、これが「旬」ということ。
野菜が育ちたい季節に育つというのが自然。

先週は小松菜、ピーマン、さつま芋などの顔見知りの野菜たちに混じって、
「モロッコいんげん」、「からしな」なんていう新顔も登場した。

「食の家族」さんから届く野菜セットには
見たことも、名前すら聞いたこともない野菜が入っていることが多い。

今までにも「エンサイ」とか「ツルムラサキ」といった新顔と出会った。
何これ?どうやって食べるの?と迷うこともたびたび・・・。

でも、そんな時は同封されている「食卓だより」を見る。
手描きのイラストと文字で、食べ方が紹介されている。

たとえばこんなふう・・・。

「モロッコいんげん」
見た目は固そうですが、ゆでたり炒めたりすると柔らかくなります。シチュー等の彩りにとてもいいです。


ふむふむ。

「人参」
ヤッホ~!♪人参陶業!しかも葉付き!レアものですよ。人参、まず生で食べてみませんか?葉は細かく刻んで炒めたり、かきあげなどにGood!


そう、人参は今年の初物!
「食の家族」さんの人参は味も香りも濃い!
人参嫌いの人にはたまらないでしょうけど、私は大好きだ。

で、今夜のメインは「有機野菜の天ぷら三種盛り」。

003_convert_20121022222701_convert_20121022222912.jpg

にんじんとにんじんの葉とゴマのかき揚げ。
モロッコいんげん、オクラの天ぷら。
・・・を塩こしょうでいただく。

去年初めて食べてから、すっかりにんじんの葉のかき揚げにハマっちゃった。
にんじんの葉ってこんなに美味しいんだ!
というか、食べられるんだ!
40半ばにして初めて知ることってあるんだわね。

にんじんって皮も食べられる。葉も茎も食べられる。

オーガニックレストランなんかに行って、
「う~ん、やっぱり有機野菜は味に深みがあるね~。全然違うわ~」
なんていう人がいると、
「ほんと~、美味しいよね~」とうなずきつつ、実はイマイチ違いがわからなかった。

心の中で「通ぶっちゃって!ケッ!」と毒づいていた私だが、
1年あまり「食の家族」さんが届けてくれる野菜を食べ続けて、
ちょっとばかし、それがわかるようになった気がする。

2012.10.22 / Top↑
おとといの日曜日は次女の運動会でした。曇天や雨天が続く中、たった1日、朝から思いっきり晴れてくれまして、本当に感謝です。

でも、小学校の運動会といえば、一家の主婦には大仕事が待っています。
そう、お弁当作りです。私は料理は好きな方なのですけど、お弁当作りって苦手なんですよね・・・。
特に運動会弁当のようなどかんと大きなものは・・・。
なぜ嫌なんだろう・・?と考えてみたら、時間的な制限がかなり厳しいこと。普通、朝っぱらからこんなにいろんな料理をすることってないですもんね。
次に重箱という限りある世界をきっちりと埋めなくちゃいけないこと。出来上がったおかずやおにぎりを入れてみたら、どうにも半端な隙間ができてしまったという経験、みなさんはないですか?時間や食材が足りない時はチョー焦りますよね

嫌だと逃げてばかりはいられないので、今年は腹をくくって頑張りました。
2お弁当
どうですか?わたしなりには精いっぱいなんですけど・・・。

3お弁当  4お弁当

お弁当5  お弁当6

中途半端に残った隙間埋めに「枝豆」が重宝しました
お弁当が無事にできた時にはヘトヘトに・・・。
あ~、このまま寝てしまいたい!
でも、肝心なのは、子どもの姿をしっかり見ることですもんね。
今年は紅白リレーの選手になったり、短距離走で1位になったりと娘も頑張ってくれたので、私の頑張りも報われました

小学校の運動会も来年まで。おじいちゃん・おばあちゃんを呼んで、大きなお弁当を作るのもあと1回となりそうです




2009.10.06 / Top↑
先日、実家から「もらいものだけど~」ということで、蜂蜜を1瓶もらってきました。
そこで、久々に思いだして作ったのが、これ。「ハチミツ焼き豚」です。
ハチミツ焼き豚
作り方が簡単な割においしくて、いろいろと使い道があるので、作り方をご紹介しますね。
〈材料〉
豚バラ肉ブロック300g、ハチミツ50cc、濃口しょうゆ50cc、薄口しょうゆ15cc
〈作り方〉
①ハチミツ、濃口、薄口しょうゆをすべて合わせてタレを作る。
②豚バラ肉にフォークで数ヶ所穴を開けて、①のタレに一晩漬けこむ。
③3分ほど余熱しておいた魚焼きグリルに②を入れて、中火で10分ほど焼く(表面が焦げやすいので時々焼く面を替える)。
④火を消してから余熱で20分ほどそのまま置く。中まで火が通っているか確認してから、食べやすい厚さに切る。
⑤余った漬けダレをフライパンか小鍋で煮詰めて、④にかけて出来上がり!
1ハチミツ焼き豚
もちろん、オーブンで焼いてもいいのですが、ガス台やIHクッキングヒーターにビルトインされている魚焼き用グリルだといい具合に中まで火が通ります。
とろけるように柔らか~な焼き豚とは違いますが、プリッとして歯ごたえがあり、おかずにもつまみにもなりますよ。

2009.09.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。